大手町歯周病インプラントセンター

歯周病へのこだわり

抜かない歯周病治療

歯周病は進行の度合いにより「軽度歯周病」「中度歯周病」「重度歯周病」と3つに分かれてきます。

当センター長は、骨の再生医療の第一人者であり、重度の歯周病にも対応できます。

「決してあきらめないでください。」

通常の医院では、骨造成の場合、成功率が低く、手間もかかるためすぐに抜いてしまう事例もあります。
しかし当センター長の骨造成技術を利用することにより、「抜かない歯周病治療」が可能です。

当センターの医療方針

80%の歯周病は特別な薬(抗生剤、うがい薬、等)を使用しなくても、プラークコントロール(原因除去療法)で改善することが実証されています。

プラークコントロールを中心としながら治療をおこなっております。ホームケア(ご自宅での)とプロケア(診療所での)のバランスが大切になります。

当センターの医療方針

患者様ごとにリスクファクター(歯周病に影響を与える因子)は違います。

歯周病に影響するリスクファクターの違いによりオーダーメイドの治療をしていきます。
(歯周病はお煙草、全身疾患、服用薬、妊娠、などの影響を受けます)

当センターの歯周病治療実績

当センターの歯周病治療実績
「天然歯を守る」
歯界展望8月号 医歯薬出版 2013年
(進行した歯周病を治療し、10年間歯を失わなかった例です。)
「GTR法(組織再生療法)を応用した症例の長期経過(11年)報告」
東京歯科保険医新聞 臨床研究 2008年
(再生療法。歯周病で失った歯ぐきの骨を再生した例です。)
「重度歯周病患者に咬合再構成を行った1症例」
顎咬合学会誌 2004年
複数の専門医(歯周病、根の治療、矯正治療、かみ合せ、口腔外科)がおこなっても難しい治療例。すべての治療を1人の歯科医師がおこなったことが学会で評価されました。
「非外科処置で骨レベルの改善が見られた1症例」
東京歯科保険医新聞 臨床研究 2004年
(原因除去療法のみで歯周病を治療した例です。)
「根分岐部病変への対応」
歯界展望5月号 医歯薬出版 2002年
(進行した歯周病の奥歯を治療した例です。)

インプラント・歯周病の事は
お気軽にご相談下さい。

TEL 03-3216-2220

受付時間:平日9:00-19:00

TOPへ戻る