大手町歯周病インプラントセンター

初めての歯周病

初めての歯周病

スウェーデン式歯周病専門治療を導入

ご存知ですか?
スウェーデンでは40年に渡り国全体の規模で歯周病予防プログラムを実施し、80歳時に残っている歯の本数が20本です。
(※日本では80歳時の歯は12本が平均)

当院では最新のスウェーデン式歯周病専門治療を導入し、治療しています。

歯周病とは?

歯周病は『歯を失う理由NO.1』です。

歯周病とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。よく聞く「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とは同じ意味です。
現在30歳以上の人の8割りが歯周病にかかっていると言われております。

歯周病は人類史上、最も感染者の多い感染症としてギネスにも載っています。

歯を失う原因ランキング

歯を失う原因ランキング

歯周病の進行の流れ

軽度歯周病

軽度歯周病
  • 歯周ポケット3mm以内で、歯槽骨の破壊が起こってない状態の場合は、ほとんどが完治します。
  • 歯周炎では、プラークや少量の歯石がたまり、歯ぐきに炎症が起こり、赤く腫れたり、出血したりします。この状態が進むと歯周病へ移行していきます。

中度歯周病

中度歯周病
  • 歯周ポケット4~5mmで、歯の破壊(歯の根を支えている骨が溶けている)が起こっている状態です。
  • 歯周炎や軽度に比べ、歯ぐきの腫れ・出血・膿が出る事があります。
  • 歯や根には、多量のプラークや歯石が付着しています。

重度歯周病

重度歯周病
  • 歯周ポケットが6mm以上で、歯槽骨の破壊がかなり進んでいる状態です。
  • 重度歯周病では、歯や根には多量のプラークや歯石が付着し、歯周組織の破壊が相当進んでいる。
  • 支えを失ったは、前後左右に揺れるばかりではなく、上下にも揺れます。

歯周病セルフチェック

  • 歯ぐきに赤く腫れた箇所がある
  • 口臭が少しきになる
  • 歯ぐきが痩せてきたいみたい
  • 歯と歯の間にモノがつまりやすい
  • 歯磨き後、歯ブラシに血が付いたり、すすいだ水に血が混じる
  • 歯と歯の間の歯ぐきがうっ血してブヨブヨしている
  • 歯が浮いた感じがする
  • 指で触ると歯が少しグラつく
  • 歯ぐきから膿が出たことがある

判定

  • チェックが0個
    これからも歯磨きを心掛け、少なくとも1年に1回は歯科検診を受けましょう。
  • チェックが1~2個
    歯周病予備軍。まずは歯磨きの仕方を見直しましょう。念のため歯科医院で確認しましょう。
  • チェックが3~5個以上
    初期あるいは中度歯周病の可能性があります。早めに歯科医師に相談しましょう。

治療の流れ

  • 1回目細菌検査(位相差顕微鏡検査)
  • 2回目プラークコントロール(ブラッシング指導と生活指導)
  • 3回目歯周病検査(レントゲン/歯周病検査)
  • 4~9回目歯周病治療(SPR/PMTC)
  • 10回目歯周病検査
  • 歯の土台の状態を改善させた後、本格的な虫歯の治療に入っていきます。

インプラント・歯周病の事は
お気軽にご相談下さい。

TEL 03-3216-2220

受付時間:平日9:00-19:00

TOPへ戻る